ブロンズ新社公式ブログ

絵本やイベント情報についてご紹介します。

しごとば取材。冒険家・角幡唯介さん。

今年で刊行10周年を迎える、鈴木のりたけささんの「しごとば」シリーズ。 来年はいよいよ待望の最新刊『やっぱり・しごとば』が刊行になります。 現在、のりたけさんは、取材と原稿づくりの真っ最中。 つくり手のりたけさんも、担当編集のわたしも、確実に10…

岡田よしたかさんインタビュー「子どもと、絵本と、ぼくと」

『うどんのうーやん』『ちくわのわーさん』などユーモア絵本の作者・岡田よしたかさんは、絵本作家としてデビューなさる前、保育所にお勤めされ、最終的に園を閉じるまでお仕事をされたそうです。 『さくらもちのさくらこさん』発売記念イベントが開催された…

工藤ノリコさんの絵本作家20周年記念、 「ノラネコぐんだん展」にいってきました!

工藤さんの絵本は、それがどんな内容のものでも読む人への愛情が、おどろくほどギュッと詰まっています。ことに、ちいさな読者への。 「ノラネコぐんだん展」での工藤ノリコさんの挨拶文 「ペンギンきょうだい」という4冊完結のシリーズ絵本を担当している間…

『あのこのたからもの』発売記念 種村有希子さんインタビュー【後半】

*前半はこちら 甥っ子さんの成長とともに絵本作家として育つこと 絵本をつくり始めたときは、子どもとの関わりもそれほどなかったので、自分の感覚をもっと子どもの頃に戻さないと、と思っていました。でも、ちょうど2冊目の絵本(『ようちえんのおひめさ…

『あのこのたからもの』発売記念 種村有希子さんインタビュー【前半】

子どもの頃の気持ちや思い出をくすぐるような、なつかしくあたたかな物語をつむぐ種村有希子さん。最新作『あのこのたからもの』では、友だちと喧嘩してしまった主人公・はなちゃんが、お母さんのタンスの中で出会う不思議な女の子とのかかわりの中で、気持…

片山令子さんのこと。 『マルマくんかえるになる』が、おしえてくれること。その3

いつも心のどこかにあるのだけれど、入園、入学のこの季節になると、 桜がふわりと満開になるように、毎年必ず存在感を増して、 あたたかいもので心を満たしてくれる本、 それが、わたしにとっての『マルマくんかえるになる』です。 片山令子さんのあたたか…

第7回ブロンズ新社書店大賞・製本所見学レポート

2日目は絵本作りの現場、大村製本さんへ、製本所見学へ行きました。 受賞者のみなさん、あべ弘士さん、石井睦美さんと、貸切バスで向かうのは、なんだか大人の遠足のようでワクワクします。 まずは、手製本のワークショップを体験させていただきました。 紙…

第7回ブロンズ新社書店大賞 祝賀パーティーレポート

授賞式のあとは場所を移し、祝賀パーティーを行いました。 あべ弘士さんに乾杯のご発声を頂戴し、楽しいパーティーの始まりです! 会場となったeatrip様は、ブロンズ新社から徒歩1分のところにあるレストランです。 原宿であることを忘れてしまうような温か…

第7回ブロンズ新社書店大賞・授賞式レポート

先日、ブロンズ新社書店大賞の授賞式を開催をとり行いました。今回から新しく2つの賞が加わり、いつも以上ににぎやかな式となりました。 ★入賞店はコチラ→CLICK! ディスプレイ部門のグランプリを飾ったのは、よしのや本間仙台愛子店さま。今まで二度準グラ…

営業部に愛されるさくらこさんのおはなし

結局、東京に雪はふりませんでしたね。 今日なんか、寒いなかにも春のきざし。コートもそろそろ飽きてきました。 さてさて、なんだか仕事がうまいこと進まずに、 殺伐としていたわたしの心を、一瞬で溶かしてくれたものがありましてね、 それをちょっと、み…

【発表】第7回ブロンズ新社書店大賞!

【発表】第7回ブロンズ新社書店大賞! 児童書を愛し、出版界を盛り上げてくださる書店さんを応援する賞、ブロンズ新社書店大賞。今年もたくさんのご応募、ありがとうございました。このたび第7回となる本賞について、下記のように選考させていただきましたの…

『さくらもちのさくらこさん』できました!

毎日さむい日がつづいていますね。 ブロンズ新社には、先日、ひと足先に 『さくらもちのさくらこさん』が到着しました。 空気は一気に、春らんまん。 元気いっぱいのさくらこさん(この直後すぐにやる気をなくす)。 岡田よしたかさんの最新作は、「たべもの…

ペク・ヒナ×長谷川義史トークイベントレポート④

1冊目の『天女銭湯』を長谷川義史さんが翻訳することを 韓国の出版社「ベアブックス」に伝えたところ、本当に喜んでくださいました。 というのも、ベアブックスのウ編集長が、長谷川さんの絵本が大好きで 『おじいちゃんのおじいちゃんの おじいちゃんのお…

ペク・ヒナ×長谷川義史トークイベントレポート③

長谷川 ペク・ヒナさんに質問なのですが、『あめだま』を口にいれたときに いろいろな声が聞こえてくるじゃないですか。 あれは韓国でそういう言い伝えみたいなものがあるのか、 それとも子どものときに感じられたのか……発想はどこから生まれたのですか? ペ…

ペク・ヒナ×長谷川義史トークイベントレポート②

長谷川さんは、『あめだま』を翻訳されていかがでしたか? 長谷川 翻訳は他の作品でも何冊かやらせていただいているのですが、 自分の勝手な表現や言葉は、なるべく使わないよう注意しています。 関西弁ではありますが、余計な表現はしないよう、 僕なりに気…

ペク・ヒナ×長谷川義史トークイベントレポート①

韓国と日本を代表する絵本作家のコラボ『あめだま』の発刊を記念して、 ペク・ヒナさんと長谷川義史さんのトークが実現しました。 ペク・ヒナさんによる韓国語の読み聞かせ、 つづいて長谷川義史さんによる日本語の読み聞かせで、 トークがスタートしました…

みやこしあきこさん『ぼくのたび』完成とメイキング動画。

ひんやり晴れた、気持ちのよい秋のある日。 『ぼくのたび』の見本が無事にあがってきました。ほうっと息つく、特別な朝。 朝のオフィスで、製本所から届いた茶紙の梱包を解き、 できたやほやほやの本をひらいて、 誤植がないか、不良箇所がないか、息をつめ…

ジミー・リャオの最新作『おなじ月をみて』

台湾の国民的絵本作家で、 世界中で出版されてきたジミー・リャオさんの 作家生活20周年を記念して描き下ろされた、会心作です。 2018年3月のボローニア・ブックフェアは「中国年」。 台湾の特別ブースで、ひときわ光をはなっていたのが、本書でした。 一読…

みやこしあきこさん『ぼくのたび』ついに校了。

以前こちらで、ご紹介した、 みやこしあきこさんの最新刊『ぼくのたび』が、 いよいよ明日印刷になります。 明日の印刷立ち会いが終われば、 絵本は編集現場の手を離れて旅立って、 あとは、各現場のみなさんによくしていただきつつ、 無事、読者のみなさま…

ブックハウスカフェ『クマと少年』原画展 & あべ弘士さんおはなし会

今年5月に発売となった、あべ弘士さんの新刊『クマと少年』の原画展を 神保町のこどもの本専門店 & カフェ「ブックハウスカフェ」様にて開催いたします。 北海道に生まれ、旭山動物園の飼育員として動物たちと向き合ってきたあべさんが、 40年思い巡らせてき…

8月新刊『あめだま』試し読み&感想 大募集!

韓国人気NO.1作家であるペク・ヒナさんの新刊『あめだま』の 発売前のゲラを読んで、作品を応援してくださる書店員さまを大募集します! 『天女銭湯』『天女かあさん』では、精緻でありながらインパクトのある人形を、 自ら製作・撮影して絵本にするという独…

みやこしあきこさんの絵本、進行中です。

しとしと雨の昨日、都内にある版画工房へ出かけてきました。 みやこしあきこさんが、新刊絵本のリトグラフを制作しているところを 見せてもらいに行ったのです。 リトグラフと銅版画を刷ることのできる、 ちいさな版画工房に満ちていたのは、穏やかで静謐な…

〈募集〉第7回 ブロンズ新社書店大賞

書店のみなさまへ 昨年は、ブロンズ新社書店大賞にたくさんご応募いただき、ありがとうございました。 今年も児童書を愛し、出版界を盛り上げている書店さんを応援します。 ふるってご応募ください! ◇ラブレター部門 【NEW】 今回新しく設けられた部門です…

『おでこはめえほん2 はくぶつかん』刊行記念イベントのお知らせ

6月22日に「おでこはめえほん」の最新刊、 「はくぶつかん」を発売いたします。 本作の刊行を記念して、各地でイベントの開催が決定しました! みなさまのご参加おまちしております。 (1)おでこはめワークショップ&サイン会 日時:6月30日(土) 14:00〜…

森に浮かぶ秘密基地

樹齢300年を超えるクスノキに一体化した立派なツリーハウスと、 わくわくする樹上アスレチック——。 こんな、冒険心をくすぐる、魅力的な場所があるのをご存知でしょうか? そこは、「星野リゾート リゾナーレ熱海」にご宿泊のお客様が利用できる、 「森の空…

青山ブックセンター六本木店があったから、六本木に引っ越した

「朝までやっている本屋がオープンした ! 」と聞いて、 迷わず六本木で住まいさがしをはじめた。 さいわい、ABC六本木店から歩いて7分くらいのところに1LDKの部屋を見つけた。 南青山の小さなプロダクションで仕事をしていて、広告の仕事をしながら、 フラ…

【あべ弘士さんのサイン入り色紙をプレゼント!】『クマと少年』感想募集キャンペーン

あべ弘士さんの最新絵本『クマと少年』が5月17日に発売となりました。 今回発売を記念して、『クマと少年』の感想をTwitterで募集します。 感想を書いてくださったかたの中から、 抽選で5名様にあべ弘士さん直筆のサイン色紙をプレゼント! ご応募お待ちして…

手づくりツリーハウス「おちゃのじかん」(山梨県韮崎市)

素敵なツリーハウス完成! 山梨県韮崎市穴山町に素敵なツリーハウスが完成しました。 作られたのは、カフェ「おちゃのじかん」を経営する清水俊弘さん。 昨年末から少しずつ作業を進めて、3月はじめにツリーハウスが完成しました。 基になっている欅には一…

ツリーハウスカフェ「レ・グラン・ザルブル」(広尾)

桜も散り、若い緑にあふれる季節です。 ブロンズ新社の4月刊『ツリーハウスがほしいなら』が発売になりました。 楽しんでいただけたでしょうか? 絵本を読んだあとに自分だけのツリーハウスを想像するのも楽しいですが、 やはり一度は実物を見てみたい! と…

『ツリーハウスがほしいなら』、想像することからはじめよう。

さて、突然ですが、ツリーハウスときいたら、 みなさんはどんなものを思い浮かべますか? 子どもだったころ、近所の林や茂みに、秘密基地をつくったことがあるでしょうか。 それとも、『やかまし村の子どもたち』がつくったすてきな小屋や、 アニメ版『トム…