ブロンズ新社公式ブログ

絵本やイベント情報についてご紹介します。

『きみは、ぼうけんか』2月16日発売 ―作者から日本の読者の皆さんへメッセージ

2月に、イラン発の平和を考える絵本を刊行します。

戦火のもと、慣れ親しんだ家を追われ逃避行の旅にでた幼い兄と妹。お兄ちゃんが語る「ぼうけんか」のおはなしは、ときにふくれっつらしたり、泣きべそをかく妹を励まし続けます。
想像すること、未来に希望を持ち続けること、その大切さを教えてくれる作品です。

作者の方々から日本の読者の皆さんへのメッセージを預かりましたので、ご紹介します。

 

あらすじ

わたしとおにいちゃんは、戦火をのがれて「ぼうけん」の旅にでた。
「本にはね、どんな風や雨のなかでも、ぼうけんかはあるきつづけます、ってかいてあるよ」。ぼうしと1冊の本を手に、おさない兄妹は破壊された家から、「ぼうけんかのまち」をめざし旅立ちます。
おにいちゃんの言葉にささえられ、たどりついたのは......。

 
著者紹介

シャフルザード・シャフルジェルディー(文)
1986年生まれ。作家。幼いころから文学に熱中し、テヘランのシャヒード・ベヘシュティー大学で児童文学とヤングアダルト文学を専攻し修士号を取得。大学卒業後、数多くの作品を執筆している。ガザル・ファトッラヒーとの共著の今作で、2021年ブラチスラバ世界絵本原画展で金牌を受賞。

▽日本の子どもたちへメッセージ

こんにちは。『きみは、ぼうけんか』の作者のシャフルザード・シャフルジェルディーです。この本が日本語で翻訳され、日本の子どもたちが読むことができるようになり、とても嬉しく思っています。

この本は、旅に出る兄と妹の物語です。その旅は、けっして楽なものではありません。でも、ふたりは直面する困難を、愛と想像力と遊び心でのりこえていきます。ふたりは希望、恐怖、勇気、絶望といった、さまざまな感情を経験します。このふたりの小さな冒険家のことをより深く知ってもらいたいです。また、この本を読んでどんなことを感じ、考えたのか、ぜひわたしに教えていただけたら嬉しいです。

 

ガザル・ファトッラヒー(絵)
1989年生まれ。ビジュアル・アーティスト、イラストレーター。イラン・イラストレーターズ・ソサエティとイラン児童図書評議会の会員。テヘラン芸術大学グラフィックデザインの学士号を取得。2013年に初の絵本を出版して以来、15冊以上の絵本を手がけ、国内外の数々のブックフェアで評価される。常に新しい芸術言語の探求に意欲的で、伝統的な技法とデジタル効果を組みあわせたイラストが特徴。イラン在住。

▽日本の子どもたちへメッセージ

youtu.be

こんにちは。『きみは、ぼうけんか』の絵を描いたガザル・ファトッラヒーです。

この本を日本の子どもたちのもとに届けられて、とても嬉しいです。

わたしはいつも、絵を通して語っています。絵は翻訳の必要がなく、子どもから大人まですべての世界のひとが理解することができます。

この本は、ふたりの小さな冒険家についてのおはなしです。ふたりは家を追われ、行く先々でさまざまなできごとに見舞われます。でも、最後に「冒険家の街」にたどりつくことができました。

この本はわたしと文の著者との1年間の努力の結果です。わたしたちはこの本でふたつのストーリーを語ろうと試みました。ひとつは文章で、もうひとつはわたしの絵で、です。そのふたつのストーリーの違いが、読者の興味をひきつけるのだと思います。この本がうまくいったのは、そこに理由があると考えています。

絵は、黒いペンを使って描きました。ふたりの冒険家の服をのぞいて、すべてグレーで描いています。物語の後半に進むにつれ、色がだんだん増えていき、最後のページで色があふれます。

このおはなしを読んで、みなさんがふたりと仲良しになってくれたら嬉しいです。

 

愛甲恵子(訳)

翻訳家。東京外国語大学大学院修士課程修了後、10カ月のイラン留学を経て、2004年より美術家フジタユメカとともにサラーム・サラームというユニット名で、イランの絵本やイラストレーターを紹介する展覧会などを開催している。再話に『アリババと40人のとうぞく』(絵・ナルゲス・モハンマディ/ほるぷ出版『2ひきのジャッカル』(絵・アリレザ・ゴルドゥズィヤン/玉川大学出版部)、訳書に『ボクサー』(作・ハサン・ムーサヴィー/トップスタジオHR)『いろたち』(作・アッバス・キアロスタミ/カノア)などがある。

▽日本の子どもたちへメッセージ

めちゃくちゃに破壊された部屋の中で、お兄ちゃんは妹に、「ぼうけんかになりたくない?」とやさしく語りかけます。なんて力強い言葉だろう、と思います。住み慣れた家から妹を連れだし、一緒に遠くへ逃げるなんて、並たいていのことではありません。でもそんなすごいことを、お兄ちゃんはやってのけます。本と物語に支えられて。

お兄ちゃんが持つこの強さは、作者であるシャフルジェルディーさんとファトッラヒーさんの強さです。この絵本を読むと、物語や想像力が希望につながるということを、おふたりが心から信じていることがわかります。わたしはそのことに、とても励まされました。

物語に支えられた幼い兄妹の物語が、また別の誰かの心の支えになることを願っています。

 

編集担当より

ずっと、涙をこらえながら編集作業をしていたように思います。
いま、この瞬間に、この絵本の兄妹と同じように、命の危険にさらされ、泣いている子どもたちがいる。やりきれない気持ちでいっぱいでした。

戦争は遠い昔のできごとでもなく、遠い異世界のできごとでもない。いま、ここに生きているわたしたちの、延長線上で起きている現実です。

自分と似たような背かっこうの子どもたちが、衣食住を奪われ生死の境目に立たされている、そんな過酷な現実を自分の身に寄せて考えてほしい、そのきっかけとなる絵本になってくれたら、と願っています。

 

全国の書店員さんから続々と感想が寄せられています!

”子どもたちの強さ、たくましさに、希望の光が差しこんでくるようでした。”
啓林堂書店 郡山店 加川洋子さん

”お兄ちゃんの、妹を想う気持ちに涙がでました。”
六本松蔦屋書店 加藤美奈子さん

”異国でも、戦争のさなかでも、大切なことは同じ。”
丸善髙島屋大阪店 松本純子さん

”いろいろな視点で、家族や友人と話ができる本。”
でこぼこ書店 富井弥さん

”どんな国の子にも、こんな体験はしてほしくない。”
こどもの本のみせ ともだち 湯阪美智子さん

”子どもも大人も読み継いでいくべき大切な一冊。”
メトロ書店 神戸御影店 三柳知子さん

 

書誌情報

『きみは、ぼうけんか』
シャフルザード・シャフルジェルディー 文
ガザル・ファトッラヒー 絵
愛甲恵子 訳
定価 1,540円(本体1,400円+税)
260×200mm 32P
https://www.bronze.co.jp/books/9784893097286/

 

ブロンズ新社の平和をかんがえる絵本シリーズ

戦争を体験したウクライナの作家が描いた
『戦争が町にやってくる』
ロマナ・ロマニーシン、アンドリー・レシヴ 作/金原瑞人

https://www.bronze.co.jp/books/9784893097095/

 

シンプルな言葉と絵で、平和と戦争の事実を対比させた
『へいわとせんそう』
たにかわしゅんたろう 文/Noritake
https://www.bronze.co.jp/books/post-176/

 

台湾の国民的絵本作家が「恐れ」をテーマに描いた
『おなじ月をみて』
ジミー・リャオ 作/天野健太郎
https://www.bronze.co.jp/books/post-171/

 

沖縄の小学1年生の平和の詩から生まれた
『へいわってすてきだね』
安里有生 詩/長谷川義史
https://www.bronze.co.jp/books/post-95/

 

ベルギーの作家が描いた反戦絵本
『かあさんは どこ?』
クロード・K・デュボワ 作/落合恵子
https://www.bronze.co.jp/books/post-71/

 

第9回&第11回ブロンズ新社書店大賞 祝賀パーティー

授賞式の後は同じく東京ドームホテルで祝賀パーティを行いました。

会場には美味しそうなお料理がずらり。

 

授賞式では皆さま少し緊張されていたようですが、他の書店の方や、普段なかなかお会いできない作家の皆さまとゆっくりご歓談いただき、リラックスした様子で楽しそうに過ごされていました。

 

パーティの後半は、豪華賞品をかけたゲームを行いました!

ヨシタケシンスケさん手作りのこちらのりんごを使ってくじを引きます。

賞品は今回お越しくださった作家の皆さまのサイン本です!

 

実は受賞者の皆さまの名札の裏に『りんごかもしれない』に登場する、りんごのきょうだいたちの絵を貼らせていただきました。

作家の皆さまに1枚ずつくじを引いていただき、同じ絵のシールが貼られていた方が当たりです!

当たった方には、作家の皆さまから直接サイン本を渡していただき、その場でお名前も入れていただきました。

当選された皆さま、おめでとうございます!

 

そして今回はさらに!

作家の皆さま全員のサインが入った色紙が当たるじゃんけん大会も行いました。

 

tupera tuperaの亀山達矢さんとのじゃんけん、

勝ち抜いた3名の皆さま、おめでとうございます!

 

楽しい時間はあっという間。書店大賞の1日目は大盛況のうちに終了しました。

 

翌日は日本出版クラブで新刊説明会を行い、今後半年の新刊やフェアを担当者からご紹介いたしました。

 

書店大賞2日間はこれにて終了です。

コロナ禍でなかなか思うように開催が出来なかった書店大賞でしたが、今回、皆さまと直接お会いしてお話をすることが出来る素晴らしさを、改めて実感いたしました。

ご参加くださった書店員さま、著者の皆さま、ありがとうございました。

 

(営業部 大村)

 

staffroom.hatenablog.com

第9回&第11回ブロンズ新社書店大賞 授賞式

5月15日(月)に「ブロンズ新社書店大賞」の第9回&第11回合同の授賞式を行いました。

 

ブロンズ新社書店大賞とは、出版界の最前線で活躍される書店と書店員の方々へ敬意と感謝を捧げる賞です。

各回の受賞者はこちらからご覧ください。

【発表】第9回ブロンズ新社書店大賞! ①

【発表】第9回ブロンズ新社書店大賞! ②

【発表】第11回ブロンズ新社書店大賞!①

【発表】第11回ブロンズ新社書店大賞!②

 

コロナ禍を受けて第9回の授賞式は延期、第10回はオンライン開催でしたので、今回は実に3年振りのリアル開催となりました。

 

例年は弊社のギャラリー RoomJで開催していた授賞式ですが、今回は延期していた第9回の方と今年受賞された第11回の方をお招きして合同で行ったため、より広い会場である東京ドームホテルで行いました。

各賞を受賞された書店員さんが全国各地からお越しくださり、12名の作家の皆さまもお忙しいなかご出席くださいまして、大変華やかな式となりました。


受賞者の皆さまは、壇上でトロフィーと副賞が授与されたあと、受賞の喜びや、本、お仕事への熱い思いをお話くださいました。

 

受賞者の皆さまから直接伺うお話はどれも心に響く言葉ばかり。中には涙ぐまれる方もいらっしゃり、いつも読者の方に大切に本を届けてくださっていることに、私たちも改めて胸が熱くなりました。

 

最後に全員で記念撮影!

今回は初の合同授賞式で人数が多く、とても賑やかな式になりました。

 

▼続いて、授賞式の後のパーティの様子をご紹介します!

staffroom.hatenablog.com

 

(営業部 大村)

【発表】第11回ブロンズ新社書店大賞!②

児童書を愛し、出版界を盛り上げてくださる書店さんを応援する「ブロンズ新社書店大賞」。

続いて【リスペクト賞】の発表です!

 

◎リスペクト賞

情熱をもって読者の方へ本を届けてくださる書店員さんへ、ブロンズ新社から尊敬と感謝の気持ちをお伝えする賞です。

今年は社員の推薦により6名の方にお贈りさせていただきます。

 

紀伊國屋書店 梅田本店 矢幡智子 様

◆受賞のことば◆

この度は、このような素晴らしい賞に選んで頂き、誠にありがとうございます。
児童書担当になり一年でまだまだ未熟ではございますが、今回の受賞は、日々的確なアドバイスをしてくださる営業担当さんのお力添えがあったからこそと思っております。
営業担当さんとの出会いを始め勝手ながら推し版元と公言しているブロンズ新社様から、このような賞を頂き大変感激しております。
この素晴らしい賞に恥じぬよう、今後も日々精進してまいりますので、引き続きお力添えのほどよろしくお願いいたします。

 

ジュンク堂書店 三宮店 石橋恵子 様

◆受賞のことば◆

今回はこのような賞をいただけることになりなんとももったいない気持ちで更にがんばらねばという励みになっております。
子どもさんへの思いを込めて作られる本たちを1冊でも多く手渡しできるようこれからも考えていきます。この度は本当にありがとうございます。

 

〇長谷川書店 ネスパ茅ヶ崎店 長谷川静子 様

◆受賞のことば◆

街の書店をこのように高く評価して頂き恐縮に存じます。
大変に光栄です。誠に有難うございます。
営業に訪問頂く矢野様をはじめ、これまでお世話になった皆様のおかげです。
いただいた賞の名に恥じないよう、より一層精進してまいります。
今後ともご指導のほど何卒よろしく、お願い申しあげます。

 

〇ブックエース 成田赤坂店 益子陽介 様

◆受賞のことば◆

この度は素敵な賞にご選出いただき、誠にありがとうございます。 ジャンルを問わず雑多に本を読みますが、とりわけ絵本の存在は私にとって欠かすことができません。 日々の時間とは全くことなる「自分だけの時間」を過ごすことができるのです。
その中でも新刊をいつも楽しみにしているブロンズ新社様に賞をいただくことができ、光栄であるとともに恐縮もしてしまいます。というのも、私は山城さんと楽しくおしゃべりし、新刊のゲラを読みながら刊行を楽しみに待ち、新刊が入荷したら児童書担当スタッフと嬉々としてまたおしゃべりするという、書いてみると仕事とは思えないことばかりしてきたからです。 去年まで4年間勤めてきた書店は閉店してしまいました。 ブロンズ新社様と一緒に歩んできた店舗であると胸を張って言えます。この賞をこの店舗に関わったすべての方、とりわけ児童書を長年担当された古川さんへ捧げたいです。

 

未来屋書店 板橋店 山本光 様

◆受賞のことば◆

すてきな賞をいただき、ありがとうございます。これは周りの方々のサポートがあったからこそ、心から感謝しています。
本を売るという仕事は、読み手と作り手の架け橋となる大切な役割です。お客さまにぴったりの一冊を提供できたときの喜びは、何にも代えがたいですね。今後も、お客さまのライフスタイルや興味に合わせたオススメの本を提供し続けるため、日々勉強していきたいと思います。これからも、よろしくお願いします!

 

〇メルヘンハウス 三輪丈太郎 様

◆受賞のことば◆

リスペクト賞を頂くにあたり大変光栄に思います。賞に恥じることなく、これからも子どもたちへ良書の普及活動を、しっかりとやって行きたいと思います。

 

 

以上です!

たくさんのご応募、本当にありがとうございました。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!

 

↓↓ディスプレイ部門、ベストPOP部門の発表はこちら

staffroom.hatenablog.com

【発表】第11回ブロンズ新社書店大賞!①

児童書を愛し、出版界を盛り上げてくださる書店さんを応援する、「ブロンズ新社書店大賞」。

今回もたくさんのご応募をありがとうございました✨

では、【第11回】の選考結果を発表いたします!

 

【ディスプレイ部門】

。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。

◎グランプリ

よしのや本間仙台愛子店 様

◎準グランプリ

枚方 蔦屋書店 様

◎特別賞

アバンティブックセンター 寝屋川店 様
くまざわ書店 草加VARIE店 様

◎入賞(8店舗)

未来屋書店 春日部店 様
TSUTAYA ミタス伊勢店 様
TSUTAYA 大利根店 様
未来屋書店 大垣店 様
ジュンク堂書店 藤沢店 様
ブックファースト シャポー市川店 様
カメヤ書店 様

。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。

 

◎グランプリ

よしのや本間仙台愛子店 様

◆受賞のことば◆

書店員として、児童書を担当してあっという間に10年が経ちました。
絵本を通して、たくさんの方々に出会えたことは私の人生にとって、大きな財産であり心からの愛・感謝を伝えたい一心で今回ディスプレイを製作しました。
素敵な賞を頂けたことでその想いが届き、伝わったことが大変嬉しく幸せな気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。
(藤原 美里様)

この度は栄えある賞を頂きありがとうございます。「集大成」とのる今回の作品。
一つ一つ思いを込めて、楽しく作ることが出来ました。
「いつも楽しみにしているよ。」のお客様の言葉を励みに頑張れたこと大変嬉しく思います。
(相馬 由香様)

 

◎準グランプリ

枚方 蔦屋書店 様

◆受賞のことば◆

この度は、大変素晴らしい賞をいただきありがとうございます。いつもお客様とお話をしながら、教わることも多いのですが、今回はそういった中からうまれたディスプレイでした。そしてこのような大きな賞になり、本当に嬉しく思います。これからもお客様にとって、大切な一冊の出会いの場を作れるよう、お客様に寄り添い、素敵な売り場づくりを目指していきたいです。
(水落 成江様)

この度は素敵な賞を頂きありがとうございます。
多くのお客様に愛され、親しまれた枚方蔦屋書店児童書売り場でしたが、2022年より規模を縮小し、2階にてリニューアルオープンしました。これまでとは全く違う雰囲気の中、戸惑いの日々でしたが、それでもお客様と絵本をつなぐ架け橋となり、立ち止まることなく日々努力している仲間に励まされ、枚方蔦屋書店児童書ならではの売り場を作り上げてきました。
中でも、お客様に寄り添いコミュニケーションを大切に考えている私たちが、お客様とのやりとりからヒントを得て生まれたフェア台が授賞し、大変喜ばしく思います。
これを機に変化を恐れず、仲間と共により一層魅力的なフロアとなるよう努力したいです。
(中西 美保様)

 

◎特別賞

アバンティブックセンター 寝屋川店 様

◆受賞のことば◆

ディスプレイ部門特別賞ありがとうございます。
樋勝朋巳先生の『あのこ』を初めて見た時に「うちにも訪ねてきてくれないかな、会いたいな」と思って作りました。 とても可愛く出来たので、賞をいただけて嬉しいです。
(三上菜緒様)

 

くまざわ書店 草加VARIE店 様

◆受賞のことば◆

自店は、小さい店舗ですが、タリーズコーヒーが併設されており、店舗の境にディスプレイ棚があります。 そちらで、ささやかにディスプレイを創作してきました。楽しみに見ていただいている方のお声掛けが嬉しい日々でしたが、今回、受賞という形の贈り物が 届き、とても驚いております。 これからも小さいディスプレイが誰かの心に届く ギフトのような物になりますようにと祈るような 気持ちで続けていきたいと思います。 ありがとうございました。
(福井 まゆか様)

 

◎入賞

未来屋書店 春日部店 様

 

TSUTAYA ミタス伊勢店 様

 

TSUTAYA 大利根店 様

 

未来屋書店 大垣店 様

 

ジュンク堂書店 藤沢店 様

 

ブックファースト シャポー市川店 様

 

カメヤ書店 様

 

 

【ベストPOP部門】

。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。

◎ベストPOP賞

金沢ビーンズ明文堂書店 様

◎POP賞

メトロ書店 神戸御影店 様
丸善 髙島屋大阪店 様
明屋書店 厚狭店 様
木村書店 様
ふたば書房 御池ゼスト店 様
TSUTAYA サンリブきふね店 様

◎入賞

未来屋書店 木曽川店 様
紀伊國屋書店 横浜店 様
ブックファースト エビスタ西宮店 様
紀伊國屋書店 武蔵小杉店 様
NET21ブックスページワン 板橋店 様
喜久屋書店 阿倍野店子ども館 様

。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。

 

 

◎ベストPOP賞

金沢ビーンズ明文堂書店 様

◆受賞のことば◆

このたびはベストPOP賞という素敵な賞をいただき、とても嬉しいです!ありがとうございます!おすすめしたい気持ちを、少しでもPOPで伝える事ができれば励みになります。もっとたくさんの方に、絵本を手に取っていただけるよう頑張っていきたいです。また素敵な本との出会いをお待ちしております。ありがとうございました。
(島田 滝子様)

 

 

◎POP賞

メトロ書店 神戸御影店 様

◆受賞のことば◆

何度読んでも胸が熱くなるこの本の魅力を伝えたい一心で一気に作り上げたポップが、賞をいただけたことは心から嬉しく、感謝の気持ちでいっぱいです。
どうしたら本の面白さが伝わるかを考えて売り場やポップ作りをする中で、それが一人でも多くの人に伝わることが幸せです。
これからもたくさん人たちに、本の思いを届け、特別な一冊に出会うきっかけを作ることができたらと思います。
(三柳 知子様)

 

丸善 髙島屋大阪店 様

◆受賞のことば◆

いつもいつも素敵な笑顔と情熱を持って、店に来てくれる営業の大谷さんの気持ちが乗り移るかのようにフェアをし、POPを書いていたら思いもよらないご褒美を頂戴できるとのこと、光栄です。
まだ書店員にもなりきれていないアルバイトの私ですが、絵本は自分をごきげんにしてくれる大切なもの。毎日絵本に関わる仕事ができているだけで幸せなのに、さらに、このような賞をもらえるなんてとてもうれしいです。ありがとうございます。
(松本 純子様)

 

明屋書店 厚狭店 様

◆受賞のことば◆

この度はPOP賞に選んでいただき、ありがとうございます! 「のせのせ せーの」がかわいいけどシュールで不思議な絵本なので、絵本に出てくるものを散りばめてお客様の興味をひくように作りました。 これからも絵本の魅力を伝えて行けるようにがんばります!
(小椋 さつき様)

 

木村書店 様

◆受賞のことば◆

この度は素晴らしい賞をありがとうございます。「ビロードのうさぎ」は書店員として働く前から大好きな物語で、自分の本棚に並んでいてくれるだけでどこか安心するような愛着のある一冊です。絵本は子供は勿論、人生の中で積み重ねた時間の多い大人を癒してくれるものでもある事を教えてくれたこの本のポップで受賞できたことをとても光栄に思います。そして「書店大賞」という書店員の本への愛情を沢山感じる事の出来る場を作って下さったブロンズ新社さまへの感謝の気持ちでいっぱいです。 これからも多くの想いが込められた沢山の本を楽しくご案内できたらと思います。
(及川 晴香様)

 

ふたば書房 御池ゼスト店 様

◆受賞のことば◆

ありがとうございます。私が鈴木のりたけさんの作品に出会ったのは一店舗目、児童書担当になって少し経った頃でした。様々な作品を見て思うのが、常にそこにいる人に向き合った物語であることです。それを面白おかしい表情で描いておられるところに、子供はもちろん、大人も感銘し、そして笑ってまうんやと思います。
今回の作品は『My way 私の道』をテーマにPOPにしました。
この3人のたちの仕事に至るまでの道を覗いてみよう!ということで『覗くPOP』です。推しの作家、作品で、このような賞を頂けたこと大変嬉しく思います。"
(伊達 早苗様)

 

TSUTAYA サンリブきふね店 様

◆受賞のことば◆

この度は、素敵な賞をいただきありがとうございます。この賞を励みにこれからもPOPを書いて、本の魅力を伝えられるよう頑張ります。
(軸丸 きよみ様)

 

◎入賞

未来屋書店 木曽川店 様

 

紀伊國屋書店 横浜店 様

 

ブックファースト エビスタ西宮店 様

 

紀伊國屋書店 武蔵小杉店 様

 

NET21ブックスページワン 板橋店 様

 

喜久屋書店 阿倍野店子ども館 様

 

 

以上です!

受賞店の皆さま、おめでとうございます!!

 

↓↓続いて、【リスペクト賞】の発表です!

staffroom.hatenablog.com

ヨシタケシンスケ『ぼくはいったい どこにいるんだ』原画展を開催します

ヨシタケシンスケさんの最新刊『ぼくはいったい どこにいるんだ』の刊行を記念して、ブロンズ新社ギャラリー・青銅Room Jにて、原画展を開催いたします。
発想えほん第5弾となる本作は、「ヨシタケシンスケ流 世界と自分のつかまえかた」。
震災、戦争、コロナ禍‥と、ある日突然日常ががらりと変わってしまう日々の中に私たちはいます。そんな中、自分が今どこにいるのか、このあとどうしたいのか、何が大事なのか、地図をつくることで考えていきます。
ヨシタケさんの小さな絵から、皆さんそれぞれの未来の地図を広げていただけると嬉しいです。

『ぼくはいったい どこにいるんだ』絵本原画展

【会期】
2023年
4月14日(金)、15日(土)、16日(日)、
21日(金)、22日(土)、23日(日)、
28日(金)、29日(土)、30日(日)

※初日の4月14日(金)は、ヨシタケシンスケさんが会場にいらっしゃいますので、混雑緩和のため、この日のみ事前予約制(抽選)とさせていただきます。
▼入場ご希望の方は、以下のURLよりお申し込みください。(14日のみ)
https://req.qubo.jp/bronze3272/form/bokudoko20230414

※事前予約受付期間【~4月2日(日)23:59】終了後に抽選を行い、4月5日(水)17:00までにメールにて当落をご連絡いたします。
※電話でのお問い合わせは受け付けておりません。

 

【開催時間】
4月14日(金)13:00~17:00(事前予約制)
4月15日以降 13:00~18:00

 

【会場】
ブロンズ新社ギャラリー「青銅Room J」
東京都渋谷区神宮前6-31-15 マンション31-3C

Google マップ

 

【入場料】
無料

 

【描きおろし原画の販売について】
会場にて、ヨシタケシンスケさんによる描きおろし原画の展示販売をいたします。
抽選販売となりますので、購入をご希望の方は、会場にてお申し込み用紙に記入ください。
会期終了後に抽選を行い、当選の方にのみご連絡をさせていただきます。(5月中旬予定)
※オンラインや電話でのお申し込みはできません。

 

【オンライントークイベント配信】 
4月14日(金)18:00~19:00(予定)
※無料でどなたでもご覧いただけます

原画展の開催に合わせて、ヨシタケシンスケさんによる著者トークを配信でお届けいたします。
YouTubeブロンズ新社公式チャンネルにて、ライブ配信と、アーカイブでもご覧いただけます。

ブロンズ新社 公式チャンネル - YouTube


※原画展は、新型コロナウイルスの感染状況により、急遽、中止または延期の判断をさせていただく可能性があります。あらかじめご了承ください。

【ご来場の皆さまへのお願い】
1)会場内では、マスク着用のご協力をお願いいたします。
2)以下の方は入場をご遠慮ください。
・咳やのどの痛み、体調がすぐれない方
・37.5度以上の熱がある方
・コロナ陽性と診断された方との濃厚接触がある方
3)入場とお帰りの際には、手指消毒をお願いいたします。
4)壁や展示物などには触れないようにお願いいたします。
5)ギャラリー内での飲食はご遠慮ください。
6) 初日4月14日(金)のみ、事前予約制(抽選)とさせていただきます。ご予約のない方のご入場はできませんので、ご了承くださいませ。
※事前予約受付期間【~4月2日(日)23:59まで】
▼事前予約お申し込みはこちら(14日のみ)
https://req.qubo.jp/bronze3272/form/bokudoko20230414

 

書誌情報

『ぼくはいったい どこにいるんだ』ヨシタケシンスケ
・発売日:2023年3月9日(木)
・定価:1,540円(税込)
・販売:全国の書店などで販売
・頁数:32ページ
・判型:257×205mm 上製
・書籍サイト:

www.bronze.co.jp

『まほうのハッピーハロウィン』の立体かぼちゃを作ろう!

トリックオアトリート! ハロウィンまで2週間を切りましたね🎃

今年も、おうちでハロウィン気分を味わえるワークシートをご用意しました!

『まほうのハッピーハロウィン』の中でみのりちゃんがつくったバッグとお揃いのかぼちゃを、おうちで簡単に作っていただけます。

😲みのりちゃんのバッグにそっくり~!(スカートもかわいい💕)

 

お部屋にそのまま飾ったり、お菓子を入れたり、使い方はいろいろ。

ハサミを使うので、小さなお子さんはお父さん、お母さんと一緒に作ってくださいね。

 

▼ワークシートはこちらからダウンロードできます。印刷してご利用ください。

https://bronze.box.com/s/r5gr4byueg4eicthdn2mf5z2cjjrfe97

※厚紙に印刷していただくと、綺麗にお作りいただけます。

 

📚絵本『まほうのハッピーハロウィン』詳しくはこちら

https://www.bronze.co.jp/books/9784893096760/

 

▼ご家庭でプリンターをお持ちでない方

セブンイレブンコピー機で印刷できる「セブンネットプリント」にも、10/31までの期間限定で公開しています。以下のプリント予約番号を入力してご利用ください。

【プリント予約番号】9TR29QJ8

 

※両面プリントの確認画面になりましたら、両面印刷しないを選択してください。

↓↓ 詳しいご利用方法や料金はこちらをご確認ください

ネットプリントのご利用方法

※ご利用料金はカラー180円です。

 

▼ご注意していただきたいこと

※個人(営利目的でない場)でのご利用に限らせていただきます。

※二次配布はご遠慮願います。(ご紹介いただける場合はこのページのURLをご案内ください)

 

皆さま、素敵なハロウィンをお過ごしください🤗🎃🦇❣️