ブロンズ新社公式ブログ

絵本やイベント情報についてご紹介します。

【発表】第10回ブロンズ新社書店大賞!②

児童書を愛し、出版界を盛り上げてくださる書店さんを応援する賞、ブロンズ新社書店大賞。

続いて【リスペクト賞】の発表です!

 

◎リスペクト賞

情熱をもって読者の方へ本を届けてくださる書店員様へ、ブロンズ新社から尊敬と感謝の気持ちをお伝えする賞です。

今年は社員の推薦により8名の方にお贈りさせていただきます。

ブロンズ新社からの感謝のことばと併せてご覧ください。

 

オリオン書房 ノルテ店 山﨑麻里様

◆受賞のことば◆

この度は、このような光栄な賞をいただき、とても驚きでいっぱいです。いつも、素敵な絵本をありがとうございます。これを機に、さらに、お客様に届く売り場を作っていきたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

 

ブロンズ新社からの感謝のことば◇

山﨑さんは児童書の作家さんや絵本にとてもお詳しく、色々なことを教えてくださいます。新人の作家さんやベテランの作家さん、新刊絵本や昔からある絵本まで、とにかくたくさんのことをご存じで、さりげなくそれを教えてくださいます。

また、器用な方なので、売り場に「ご自由にお持ちください」と書いて手作りの折り紙細工を置いておかれたりすることも!優しくて温かい山﨑さんのお人柄が伝わってきます。

山﨑さんのファンのお客様もいらっしゃるだろうな、といつも思います。

今後も色々お世話になりたい方です。

 

くまざわ書店 稲毛店 和田千恵様

◆受賞のことば◆

この度は素晴らしい賞をいただきまして、誠にありがとうございます。

大好きな絵本の魅力を伝えることで評価いただけたことが、誇らしく、とても嬉しいです。

これからも、作り手の皆様と読者の皆様との懸け橋となれるよう、より一層尽力して参ります。

 

ブロンズ新社からの感謝のことば◇

和田さんは私がこのお仕事を始めた時からの色々な事を教えて下さる優しく素敵な担当さんです。

ご自身の眼でしっかりと絵本を読んで下さるので、いつも和田さんの反応と感想を参考にさせていただいております。長く書店員さんとしてお仕事されながら、地域で子ども向け・大人向けのおはなし会や、絵本セラピスト協会認定絵本セラピストとして絵本セラピーも開催。JPIC読書アドバイザーの資格もお持ちで、子どもから大人まで多くの人に絵本の楽しさを広げていらっしゃいます。絵本への愛に満ちた和田さんに感謝と尊敬を込めて僭越ながら推薦させていただきます。

 

〇パルコブックセンター 調布店 柏井鈴菜

◆受賞のことば◆

この度は素敵な賞をいただき、嬉しい限りです。

これからも、精魂込めて作られた本が、多くの人に届くよう、精進したいと思います。

 

ブロンズ新社からの感謝のことば◇

このコロナ下で大変な状況にも関わらず、柏井さまのお仕事に取り組む姿にわたしはいつも勇気づけられており、パワーをもらっています!

また、本当に絵本への愛がある担当さまだ!と感じております。新刊のご案内でゲラをお持ちすると、お忙しい中、毎回じっくりとじっくりとゲラを読んでくださり、正直な感想をズバッとおっしゃってくださいます。

そのご感想がとても勉強になります。特に「たまごのはなし」についてのご感想は、お母さまとしても書店員さまとしても素晴らしく、帯のコメントにも掲載させていただいたほどです。たまごのはなしは一緒に育てていった気持ちです!

柏井さま、いつもありがとうございます!

 

未来屋書店 春日部店 御担当者様

◆受賞のことば◆

この度は素晴らしい賞をありがとうございます。

書店員という仕事を通じて、素敵な本と出会える楽しみや喜びもたくさん頂いています。

色々もらいすぎですね!これからも素敵な本を多くの方にお届け出来るように頑張りたいです。また、いつも本と私を繋げて下さる担当様ありがとうございます。

 

ブロンズ新社からの感謝のことば◇

気に入ってくださった本を力強く応援してくださり、いつもありがとうございます!

ご紹介させていただいた私にも「自信を持て!」と言ってくださっているように感じられ、心強く支えていただいております。

応援は太くて長く、その時々のタイミングで「あの本を!」と何度も活かしてくださり、時にはひらめきに驚かされ、また、POPやディスプレイにおいては、何とか時間を設けて遊び心を交えて本の魅力を引き出してくださるなど、感謝と尊敬は他にもたくさんございますが、これから先も感謝をお伝えさせていただきながら、さらに営業でお応えできるようにと思わせてくださる御担当者様へ、まずは、リスペクト賞で感謝をお伝えさせてください!

 

〇名古屋みなと蔦屋書店 木村いつか様

◆受賞のことば◆

この度はすてきな賞をいただき、ありがとうございます!

とても嬉しく、ドキドキしております。私は担当営業さんの絵本に対する愛と情熱にいつも突き動かされているので、そんな担当さんをいつもリスペクトしております!!

これからも作者の先生をはじめ、ブロンズ新社のみなさま、絵本の出版に携わるすべての方の想いと作品の素晴らしさをお客様にお伝えしていける書店員でありたいと思います。

 

ブロンズ新社からの感謝のことば◇

発売前から『たまごのはなし』を気に入っていただき推薦文を下さった木村さま(帯にコメント掲載)。

「これは!」という本に、目を輝かせて楽しそうに反応してくださってしっかりと展開してくださいます。

独自に企画される数多くのフェアや、芸術的なディスプレイなど、木村さんの作る世界観はとても素敵だな~と、いつもリスペクトしております。

柔らかでクールな物腰ながら、絵本に対する情熱が溢れんばかりの木村さんに、日頃の感謝を込めてこの賞をお贈りしたいと思います。

 

〇「本」のお店 スタントン 田中利裕様

◆受賞のことば◆

絵本・児童書を中心にした店づくりを始めて、まだ年月の浅い当店を選んでいただき本当にありがとうございます。営業担当者の方にはいつも当店を気にかけていただき、感謝するばかりです。また、大人も子どもも世代を越えて楽しめる作品を生み出す作家の方々や出版社さんが存在するからこそ、本屋は多様性のある売場づくりが可能になり、様々なお客様にお店を受け入れてもらえるのだと思います。

今後も本でしか(本屋でしか)味わうことの出来ない「自由で開かれた場」を目指していきたいと思います。このたびはありがとうございました。

 

ブロンズ新社からの感謝のことば◇

4年前、前店舗の閉店が決まり、地域に本屋さんを無くすまいと一念発起され、自らお店を立ち上げられた田中店長。

大人向けの新刊書籍や古本の他に、“子ども達に良質な絵本との出会いを”と、セレクトされた児童書が所狭しと並びます。

本選びはもちろん、穏やかで聞き上手な店長との何気ない会話を楽しみに通われるお客さまも多く見受けられます。

新刊のご案内にも、いつもじっくりと耳を傾けてくださり、店内各所でブロンズ新社の絵本も沢山面陳くださっています。

ギャラリー展示やお話し会、SNSなどにも積極的に取り組まれ、日々、様々な切り口で本の紹介を発信されています。

そんな田中店長に、尊敬と感謝を込めて、この賞を贈らせていただきます。

 

〇ふたば書房 つかしん店 槇野絵美様

◆受賞のことば◆

この度は、素敵な賞をありがとうございました。驚きと嬉しさ、同時に感じています。

担当の営業さんとは私が新人の頃からのお付き合いで、とても長いです。

あの頃、何もかもわからず、泣てばかりいた日々の自分が今こうして素敵な賞を頂けるまでになりどんな時も諦めず、自分を信じて良かったと改めて実感しています。

いつも優しく支えてくれる担当営業さん、ありがとうございます。

あなたのことをとても強くリスペクトしています。そしてこれからも楽しい売場作りのフォローをよろしくお願いします!本当にありがとうございました!

 

ブロンズ新社からの感謝のことば◇

どんな時も前向きに頑張っていらっしゃいます。ブロンズのタイトルもいつも大切にしてくださっていて、著者だけでなく編集者についてもしっかりと見ていらして、一つの作品を多方面からご覧になり、新刊案内の際もご案内しながら槇野さんの感性に感心しています。そのまま並べるということがほとんどなく、どれだけお忙しくてもお客さまの視点にたって売り場づくりをなさっています。既刊本でも「私はこれが売りたいんです!」とおっしゃる槇野さんの強い気持ちが売場で垣間見ることができて、毎回うかがうのが楽しみです。ついつい長居をしてしまいますが、長時間でも丁寧に対応してくださって感謝しかありません。

 

TSUTAYA サンリブきふね店 軸丸きよみ様

◆受賞のことば◆

この度は、とても素敵な賞をありがとうございます。

まだまだ未熟で、勉強不足ではありますが、この賞に恥じないように、これからもコツコツとやって行きたいと思います。ありがとうございました。

 

ブロンズ新社からの感謝の言葉◇

どんなにお忙しくてもいつも明るくお話して下さる書店員さんです。過去に受賞されているということもあり、軸丸さまのPOPは本当に素敵です。『くまのがっこう20周年フェア』では20歳になったジャッキーのお祝いと20年前にジャッキーに出会った子どもたちが大人になり、新しく家族になった子どもたちにもジャッキーと仲良くしてほしいという軸丸さまらしい優しいメッセージが書かれてありました。ブロンズの絵本にはどれも素敵なPOPが付けられていて、楽しくわくわくするようなディスプレイをいつも作って下さっています。そんな軸丸さまに感謝の気持ちをお伝えしたく今回リスペクト賞に推薦させていただきたいと思います。

 

 

以上です!

たくさんのご応募、本当にありがとうございました。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

↓↓ディスプレイ部門、ベストPOP部門の発表はこちら

staffroom.hatenablog.com

【発表】第10回ブロンズ新社書店大賞!①

児童書を愛し、出版界を盛り上げてくださる書店さんを応援する賞、ブロンズ新社書店大賞。

今年もたくさんのご応募、ありがとうございました。

このたび第10回となる本賞について、以下のように選考させていただきましたので、発表いたします!

 

【ディスプレイ部門】

。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。

◎グランプリ

金沢ビーンズ明文堂書店 様

◎準グランプリ

啓林堂書店 奈良店 様

◎入賞(8店舗)

よしのや本間 仙台愛子店 様、未来屋書店 大垣店 様、アバンティブックセンター 寝屋川店 様、ジュンク堂書店 池袋本店 様、名古屋みなと 蔦屋書店 様、未来屋書店 北戸田店 様、福家書店 福岡木の葉モール橋本店 様、三洋堂書店 多治見南店 様

。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。

 

◎グランプリ

金沢ビーンズ明文堂書店 様

◆受賞のことば◆

このたびは念願の“グランプリ”という賞をいただき、大変、大変うれしく思います。

大好きな絵本からもらう幸せをますます実感しています。絵本作りに携わるすべての方に感謝の気持ちでいっぱいです。ディスプレイする事で、いい絵本を読者さまに見ていただけるようにこれからも頑張りたいと思います。本当にありがとうございました。

(島田滝子様)

 

 

◎準グランプリ

啓林堂書店 奈良店 様

◆受賞のことば◆

ブロンズ新社さまにこのような機会を与えて頂き感謝です。

そして、私の大好きなトーベン・クールマンさんの絵本を忠実(私のわがままいっぱいの)に再現してくれた、奈良店のアルバイトの方々に感謝!感謝!です。

構想から半年、イメージしか伝えられずダメ出しばかりでじっと耐えてくれて完璧なタイムマシンを作ってくれました。本当にありがとうございました。日々楽しく仕事をすることでお客さまに笑顔で接することができます。POP一つを作るにしても楽しく作っていきたいと思います。ありがとうございました。

(加川弘一様)

 

 

◎入賞

よしのや本間 仙台愛子店 様

 

未来屋書店 大垣店 様

 

アバンティブックセンター 寝屋川店 様

 

ジュンク堂書店 池袋本店 様

 

名古屋みなと 蔦屋書店 様

 

未来屋書店 北戸田店 様

 

福家書店 福岡木の葉モール橋本店 様

 

三洋堂書店 多治見南店 様

 

 

【ベストPOP部門】

。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。

◎ベストPOP賞

ブックファースト エビスタ西宮店 様

◎POP賞

ふたば書房 御池ゼスト店 様

今井書店 ゆめタウン出雲店 様

ブックスページワン 板橋店 様

ブックファースト ルミネ町田店 様

◎入賞

精文館書店 豊明店 様、TSUTAYA  サンリブきふね店 様、丸善 高島屋大阪店 様、

本の王国 ラフレ書店 様

。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。

 

 

◎ベストPOP賞

ブックファースト エビスタ西宮店 様

◆受賞のことば◆

数ある中から選んで頂きありがとうございます。

とっても好きな絵本なので力を入れて描きました。

これからも皆さんの心に届くようなPOPを作りたいと思います。

(ホリワキマユミ様)

 

 

◎POP賞

ふたば書房 御池ゼスト店 様

◆受賞のことば◆

私は、新しい本に出会ったとき『あー!!こんなふうにオススメしたいなぁ』『こんなふうに展開して売りたいなぁ』とワクワクした気持ちのまま一気に作ります。この絵本は、何通りもの楽しさと笑い、遊びがあることを伝えたくて作ったPOPです。

毎年ですが、こんなにも素敵な賞、嬉しく思います!ありがとうございました!

(伊達早苗様)

 

今井書店ゆめタウン出雲店 様

◆受賞のことば◆

この度はPOP賞に選んで頂きありがとうございます!

少しでもお客様に絵本の魅力を伝えられるように今回の経験を活かして参りたいと思います。

(児童書御担当者様)

 

ブックスページワン 板橋店 様

◆受賞のことば◆

ベストPOP部門POP賞に入選でき、大変光栄です。

「好きな絵本を多くの方々に知ってほしい」という気持ちから、POPを作成いたしました。

これからも、お客様と絵本の架け橋になるようなPOPを作成していきます。

(藤巻佑季子様)

 

ブックファースト ルミネ町田店 様

◆受賞のことば◆

作家の皆様の絵本のお話がとても楽しく、気づけば普通に読んでしまっている時があります。POPもいつも楽しく描かせて頂いております。

これからもPOPをきっかけに、お客様に手にとって頂ける機会が増えるよう頑張っていきたいと思っております。

今回は選んで頂き有難うございました。

(児童書御担当者様)

 

 

◎入賞

精文館書店 豊明店 様

 

TSUTAYA  サンリブきふね店 様

 

丸善 高島屋大阪店 様

 

本の王国 ラフレ書店 様



以上です!

 

↓↓続いて、【リスペクト賞】の発表です!

staffroom.hatenablog.com

 

工藤ノリコのペンギンきょうだい「のりもの」シリーズ 15周年ありがとうフェア開催! いまだけ特製クリアファイルがついてくる!

f:id:staffroom:20220414172155j:plain

いつも、ペンギンきょうだい「のりもの」シリーズ(工藤ノリコ 作)をご愛読いただきありがとうございます。
2007年にシリーズ第1作目の『ペンギンきょうだい れっしゃのたび』を刊行して以来、たくさんの方にお楽しみいただき、おかげさまで今年2022年、刊行15周年を迎えました🎊🎊🐧💕

4月中旬頃より、15周年を記念したフェアを全国の書店さんで開催します!
また読者の皆さまに感謝の気持ちを込めて、特製クリアファイル(B6サイズ)が付いた特別版をフェア開催中期間限定で販売します。
ぜひ書店店頭に足をお運びください☺☺

f:id:staffroom:20220414183511j:plain


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

🌟 作者・工藤ノリコさんよりメッセージ 🌟

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

ペンギンきょうだい「のりもの」シリーズは、本人も子どもであるペンギンのお姉ちゃんが、小さい弟2人といっしょに「のりもの」にのって旅をするおはなしです。
れっしゃ→ふね→ひこうき→バスと周遊する間に、季節も春→夏→秋→冬と移りかわっていきます。
また他のお客さんたちにもそれぞれのドラマがあり、4つの「のりもの」の旅のなかで変化していきます。
旅の食べものや、それぞれの目的地もあわせて、お楽しみください!


工藤ノリコさんプロフィール

f:id:staffroom:20220413145808j:plain

1970年、神奈川県生まれ。絵本作家・漫画家。旅行好き。ジャングルに魅せられて、ボルネオ島を何度も訪れる。自身も、「ペンギンきょうだい」シリーズと同じ姉弟構成。
絵本に「ノラネコぐんだん」シリーズ(白泉社)、「ピヨピヨ」シリーズ(佼成出版社)、読み物に「マルガリータ」シリーズ(あかね書房)などがある。

 


工藤ノリコのペンギンきょうだい「のりもの」シリーズ
15周年ありがとうフェア✨
<注意事項>

  • フェアは2022年4月中旬頃より全国の書店さんで開催予定です。各書店でのフェアは予告なく終了する可能性がございますので予めご了承ください。
  • 特製クリアファイル(B6サイズ)は、「15周年フェア帯」が巻かれた書籍のみに付いています。
    ※フェア帯付きの書籍は、書店店頭のみのお取り扱いになりますので、ご注意ください。(弊社Webサイトおよびネット書店などでの取り扱いはありません。)

f:id:staffroom:20220413145553j:plain

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

f:id:staffroom:20220417164401j:plain

ペンギンきょうだい「のりもの」シリーズ紹介

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

f:id:staffroom:20220413145858j:plain

『ペンギンきょうだい れっしゃのたび』(定価:1,430円)

なかよし3きょうだいのおねえちゃん、ペンちゃん、ギンちゃんは、れっしゃに乗って、おじいちゃんとおばあちゃんのおうちに遊びにいきます。プレゼントを持ったら、駅でおべんとうを買って、さあ、しゅっぱーつ!

 

f:id:staffroom:20220413150439j:plain

『ペンギンきょうだい ふねのたび』(定価:1,430円)

おねえちゃん、ペンちゃん、ギンちゃんは、3人だけで船の旅に出かけます。お魚がいっぱいの海で泳いだり、船長特製のハンバーガーランチを食べたり、楽園のような南の海を大まんきつ!

 

f:id:staffroom:20220413150531j:plain

『ペンギンきょうだい そらのたび』(定価:1,430円)

おねえちゃん、ペンちゃん、ギンちゃんは、3人だけでそらのたびに出かけます。はじめての飛行機は、ドキドキ・ワクワクの連続。緊張する離陸。美しい景色を見ながらの機内食。嬉しい、子ども向け機内サービス! 空港に着いて、乗りかえしようとしたそのとき......

 

f:id:staffroom:20220413150614j:plain

『ペンギンきょうだい バスのたび』(定価:1,430円)

しっかりもののおねえちゃん、くいしんぼうのペンちゃん、末っ子のギンちゃん。3人だけの旅もいよいよラスト。バスは、まっしろ山を出発して、どんどん坂道をおりていきます。とちゅう、もりのみはらしだいや、みどりのまきばに寄りながら、ふもとえきをめざします。終点で待っていたのは......

 

▼ペンギンきょうだいシリーズWebページはこちら
https://www.bronze.co.jp/books/norikokudoh/

 

『6Bの鉛筆で書く』刊行記念 五味太郎インタビュー(後編) ―絵本作家・五味太郎がいま思う、書くこと、そして、撮ることとは。

f:id:staffroom:20220215212732j:plain

 

『らくがき絵本』や『きんぎょが にげた』福音館書店などこれまで400冊近くの絵本を描き続け第一線で活躍する絵本作家、五味太郎さん。今回、初めてのエッセイ&写真集となる『6Bの鉛筆で書く』を上梓しました。70代の半ばを迎えた五味さんが今感じていることとは? お話を伺いました。(後編)

≪ インタビューの前編はこちら

 

f:id:staffroom:20220215214540j:plain

五味太郎にとって、「文章を書く」ということ

 

― 「脳内散歩に似てる」と、あとがきにありましたね。

 

脳内散歩なんだけど、絵本とは次元がちょっと違うから、両方とも面白い。だから俳句作るのも、また違う作業なんだよね。詩歌にはまだ興味を持ってるね。詩を書くっていうのはちょっと違う作業なんだよ、文章書くのでもなく小説するのでもなく。

文章を書くのは、やっぱ難しい。文章って、作れないからね。造語しちゃう人もいるけど、俺は造語は原則的にしないことにしてるから、ありものの言葉を並べる。それがすごく難しい。あとは自分の癖かもしれないけど、ちょっと横に飛んじゃったり、違うイメージを持ってきちゃったりして。文章は一種の整合性みたいなものがどうしても必要だから、それについては、結構悩むというか、格闘するよね。

 

「美しい風景」ってタイトルの短い篇。あれは、日光と那須の間ぐらいに、大草原の原っぱがあって、そこでたまたま立ち小便をしてた。その時、長い草の上を蛇が泳いで渡ってったんだよ、すーーっと、ずーーっと。すんごい綺麗、不思議だなと思って。それを絵で描くのは簡単なの、あるいは写真を撮るなんて。それを文章にする楽しさってあるよね。「腰の高さほどの草」というように、まず設定しておいて書いていく。

 

文章を書くときに、なるべく形容詞を排除する、っていう鉄則があるのね。それから動詞を形容する副詞。「頑張って」やりましたとか。あるいは副詞に非常に似ているオノマトペという擬態語。「どんどん」やりましたとか。なるべくそれらを排除しないとだらけるよね。だらけた文章を読むと、ほとんど形容詞が多いんだ。

例えば「美しい心」とか、文章書きは使っちゃ駄目だよね。あえて「美しい風景」ってやるときには、度胸がいるんだよな。その「美しい」には含みやいろんな美しさがって、「美しい風景」という言葉はタイトルには使えるかな、みたいなことを考えながら書いていく。

 

いちいち時間がかかる。だから面白いんだよね、文章書くって。その人が出るもん、完全に。だから、説明する部分をなるべく排除できたら最高にいいんだけど。叙事ってあるじゃない。物事をそのまま書く、そのトレーニングをものすごくしたいんだよね。とても大変なことなんだけど。

 

f:id:staffroom:20220215214426j:plain

 

読み手の感情がどこで現れるかが楽しみ

 

― 淡々と事実を書かれている文章だから、スッと入ってきて読みやすく思いました。

 

いい文章なんだよ、多分(笑)。その淡々とっていうのができれば、もう理想だよね。

志賀直哉の文章が大好きで、ちょっと影響されてる。ストーリーだとか事件だとかが、ないんだよね。淡々と書いてある。ま、あの時代のひとつのスタイルなんだろうけどね。外国で言えば、ガルシア=マルケス。叙事、事柄がどんどんすごいスピードで出てくる、感情なんてのはあとから追っかけていくぐらいの感じで、ああいうのはわりと好きだよね。

 

感情が、どんな感じでついてくるかに興味があるんだろうな。感情そのものに興味があるんじゃなくて、ある叙事の中のどこかに、ふっとした感情が出てくるのを一番楽しみにしてるみたいなところがある。

 

― ご自身で書いた文章を自分で読んだとき、どこで感情が動くかも気にされるのですか?

 

もちろん。だから俺、自分の文章が一番好きだもん(笑)。『ときどきの少年』ブロンズ新社/1999年刊)も時々読み返すけど、また泣いたりして。自分で、この人いい人だなって(笑)。笑われるんだけど、俺の文章が一番面白い。

絵本に関しては、こういう風に読んでっていうのを放棄してるような気がする。いろいろに読む奴がいて、特に外国なんか「あ、そういうところでウケるか!」みたいなのが楽しみだな。

 

パッチワークのように文章と写真を組み合わせる

 

― 絵本は「こういうテーマが描きたかったんだって描いていく感じ」とのことですが、この本については、どんな感じで進んだんですか?

 

話を作っていく、小説するっていうのは、俺あんまり興味がないんで。だから、一本で筋立てるっていうような話はない。そこだけ、そこだけを切り取った感じのオムニバスだからやれるんだろうね。バラバラに書いて、それを組み合わせる感じ。どれをアタマに持ってこようかなみたいな、そういうパッチワークのような面白さがあるよね。

1篇で絵本1冊描いてるのとすごく似てる。全部で35篇だから35冊の絵本描いたのと同じじゃないかな。

 

― 素敵な写真が多くありますが、写真はどういう基準で撮ろうと思われるんですか?

 

友だちにプロカメラマンがいるけど、「太郎が撮ると違うんだよね」ってよく言われて。同じ対象を撮っても、撮り方が違うんだよね。なんか俺、正面で撮りたいみたい。斜めに撮るってことをあんまりしたくない。

あと人様が書いた字って、ちょっと好きなのね。ガキが書いたやつとか。タイポグラフィが綺麗にレイアウトしてある瞬間とかがあると、正面で撮る。グラフィックが好きなんだろうな。グラフィック化された感じを、どうしても撮ってみたい。

 

そんなに計算してない。ここでシャッター切ったんだよねっていう自意識があるわけじゃなくて、あぁ、いいな、いいな、って撮った結果かな。

 

f:id:staffroom:20220215214458j:plain

 

老い・衰えではなく、変化する面白さを楽しむ

 

―「テニスの動体視力で自分の変化に、いいとも悪いともなく気づく」とおっしゃっいましたが、自分の衰えてきたところや若かったときと変わってきたところについて、気持ちの変化や抵抗感はありますか?

 

俺いま76歳で、今年77歳。でも、俺がやってんじゃないからなっていうのがあるね。俺が努力して、よし77になるぞって頑張って、達成感!ていうわけじゃなくて。人によっては、自分がこうやってきたって達成感を感じる人もいるみたいだけど、俺はそれを持てないなと思って。

 

こういう仕事してると、「どんな子どもでした?」ってよく質問を受けるの。でも、俺、子どもやってた憶えないっていう感じがあって。あえて言ったら、ずっと五味太郎やってたみたいな。

で、気がついたら後期高齢者ってなってさ。そうなったときに、何でもいいよ呼び方なんてって思っちゃう。俺はそれを目標にやってるわけじゃないから。

 

最近は、結構髪が白くなってきて、かっこいいなと思ってる。この辺には白髪がないなとか、あ、少し出たぞっとかって。なんか植物栽培みたいな感じ、芽が出たな、来年も生えるかなって(笑)

 

白髪も身体も、変化していく面白さっていうのが前面に出ちゃってるから、変化したときの衰えとかっていうのは、うるせえっとか言ってればいいじゃない。

子どもは劣ってるとは絶対思ってないわけじゃない? 老人が劣ってると思う必要も全然ないんだろうなと思う。

 

いま、麻雀が前よりすごく楽しいのは、その価値観が似てるメンバーで面白い。みんな、丁寧にその時間を楽しむし、大事にしてるんだよね。途中にお茶のインターバルを入れて話して、終わって、また来週って別れていくみたいな、あの感じがとてもいい、礼節で。若い頃の麻雀って本当に雑だった感じがする。

 

大きな社会的な価値観に影響されてるから、アメリカ的、西洋的な考えって、「力、力、力」でしょ。象徴的な言葉で言うと「Ever onward=限りない前進」。それをやってる世界だから、みんながつらいのに、いまだにそう思ってるんだよね。何しろ「今日より明日の方がいい、明日より明後日」。だから1年生より2年生は立派じゃなきゃいけないことになるのさ。

 

金融の世界で、右肩上がりって言葉があるけど、別に右肩上がらなくていいじゃん!って捉えただけで、全然価値感は違うわけよね。限りなく前進っていうのを1コやめたら、全然楽なの。

 

50歳過ぎたら、そこから解放されるはずなんだよね。今日より明日、明日より明後日じゃなくて、ちゃんと落ちてくようになってるから。今日も明日も「落ちたり下がったり」って、いつも平均して「波打ってる」んじゃないかな。ずっと右肩上がりなわけないよね。

 

≪前のページを読む

 

(広報担当 森)

 

 

著者紹介

f:id:staffroom:20220215205711j:plain

五味太郎

1945年、東京生まれ。

子どもから大人まで幅広いファン層を持つ絵本作家。著作は400冊近くあり、海外で150タイトル以上が翻訳出版されている。

 

書籍情報

f:id:staffroom:20220215205803j:plain

『6Bの鉛筆で書く』五味太郎

・発売日:2022年2月18日(金)

・定価: 1,760円(税込)

・販売:全国の書店などで販売

・頁数:160ページ

・判型:205×165mm 上製

・書籍サイト:https://www.bronze.co.jp/books/9784893097033/

 

『6Bの鉛筆で書く』刊行記念 五味太郎インタビュー(前編) ―絵本作家・五味太郎がいま思う、書くこと、そして、撮ることとは。

f:id:staffroom:20220215212732j:plain

 

『らくがき絵本』や『きんぎょが にげた』福音館書店などこれまで400冊近くの絵本を描き続け第一線で活躍する絵本作家、五味太郎さん。今回、初めてのエッセイ&写真集となる『6Bの鉛筆で書く』を上梓しました。70代の半ばを迎えた五味さんが今感じていることとは? お話を伺いました。(前編)

 

f:id:staffroom:20220215212209j:plain

 

 

― 本ができあがって、いかがですか?

 

いい本ができましたね。でも少し気恥ずかしいな。

原画展も同じで、100%自信があるわけじゃないから、みんなどう思って絵を観てるのかなと、こっちは落ち着きはないよね。

でも表現ってさ、なんとなく気恥ずかしさも含んでいるものだよね。

 

― エッセイとこれまで撮りためた写真を1冊の本にして出されましたが、何かきっかけがあったのですか?

 

一昨年の暮れぐらいから、文章を書きたくてね。頼まれて雑誌に小文を書いたときに、書くのがまた面白いなと思って、その後も、自分で短いのを5、6本書いてたのね。そのことを話したわけではないのだけど、ちょうど編集長が「活字の本作りましょう」とか言ってきて。「いいよ」みたいな。タイミングがよかったんだよね。

 

俺は本を作るのが好きだから、作ろうってなった瞬間にぽっとイメージするわけ。

今回の文章には、イラストレーションはないなと思った。俺の中では、アブストラクトな絵をちりばめていくっていうのもありかなと思ったし、あるいは、一篇は書き文字のまんまで出しちゃうっていうイメージもあった。で、落としどころで言ったら、写真使うのいいな、って考えてたの。

そうしたら、また編集長が、「ねぇ、今度の本には、写真使いません?」って言うから、「俺もそのつもりだったよ」みたいな(笑)。

 

で、写真を入れるときには、文章とリンクした写真はなるべく排除しなくちゃいけなくなるわけね。

 

― それは、どういう意図があって?

 

絵本の場合は、絵と文章とが、同時進行しているわけ。

だけど今回の本は、短い文章がどこから読んでもいいように、構成されている。文章と文章の間に写真を入れたわけだけど、写真が前後の説明だったりする表現は、俺はノーサンキューだと思ったのね。文章と写真はもしかしたら少し乖離しているくらいの、その辺の快さみたいなものを探っていくような写真をピックアップした。

写真は今回の本のために撮り下ろしたわけじゃないんだ。昔、俺はフィルムで撮っていたんだけど、1999年からデジタルにかえたんだよね。その頃からのをひっくり返してみたら、99年にアメリカ、ボストンあたりに行ったときのが最初で。陽子さんといろんな写真見ながら、ここ面白かったよねとか、思い出話してさ(笑)あの作業は奇しくもすっげー楽しい作業だったのね。

何十点と選んで、半分ぐらいに絞ったんです。

 

あとはレイアウト的に、リンクするんだけどしないような、対立するんだけどしてないような、どこに置いてくかっていうのがまためちゃくちゃ面白い作業になって。

その辺のプロセスが、非常に俺の中で楽しかった。プロセスが面白かったものは、結果、いい本なんだと俺は思ってるわけ。そういう判断基準でいったら、これはいい本なんだと思う。

 

f:id:staffroom:20220215214100j:plain

 

書くことで自分の興味が見えてくる

 

― この本の中で、最初に書かれたのは、どれですか。

 

「絵に遭う」かな。ゴッホの絵の話。あれは実はもうちょっと違うかたちで書いてたのね。それをもう1回わかりやすく書き直した。

 

― 書いて、お、いいなと?

 

成り行きで一応書いておこうというのと、本を出すって方向が決まったときに書くのとでは、ちょっと違うじゃないですか。だから、少し丁寧に書いてみたら、これこれ、この次元だよな、この感じで原稿を書いていこう、って。

 

70歳の真ん中までやってきて、自分で何考えてんのかなと思っちゃって。いい感じなんだけど、なんかやっぱり変わったなーっていうのがあって。表現欲のある人だから、書いてみるとわかるかなって。

絵本を描くのもほとんど同じなんだけど、いま俺、こういうことに興味持ってるんだなってのが、描いている途中からわかるんだよね。思いつきでぽっと始めるんだけど、あぁ、なるほどね、俺この辺やっぱり気になってたんだ、と。こういうのは、大体いい絵本だよね。

 

興味も身体も、変化する面白さ

 

― 今回の本で、書いてみて気づいたことはありますか?

 

書きながらすごく面白かったのは、20、30年前、例えば『じょうぶな頭とかしこい体になるために』ブロンズ新社/1991年、2006年改訂版)、あるいは『大人問題』講談社/1996年、講談社文庫/2001年)を書いた頃に気がかりだったことが今回もいっぱいあった。やっぱり未だに学校ってくだらねぇなと思ってるし、交通問題もとんでもねぇなと思ってる。ワクチン問題もあるし、政治の問題も含んでね。

だけど、そういうテーマに対して筆が進まないんだよね。あ、これ興味ないんだと思ってやめてく、その堆積が逆に面白かった。

 

f:id:staffroom:20220215215012j:plain

 

変わったということでいえば、昔は、病院嫌いで薬嫌いだった。60代の半ばでトラブったとき、自分の血圧は知らない、体重も知らない、大体何も知らなかったんだよね。

そんな俺が、いますごい興味あるんだよ、医術に。血管なんか詰まったら、パイプ入れりゃいいんだから、とかさ(笑)。そういう身体のメンテナンスを面白いなと思ったりする。その興味の変化が、結構面白いなぁと。興味の変化っていうは、つまり個人の変化だろうな。そこの変化をちょっと再確認したかった、みたいなのあるよね。

 

長いことテニスやってるけど、テニスの動きでも、自分の身体が変わってくるなっていうのをポツポツ感じる。左右は動くんだけど、前後の動きが弱くなるな、とか。球が上がったときと下がったときの追い方がね、動体視力って、やっぱり落ちてるよ。野球やってても分かるんだけど、球が向こうから来るのをずっと追うときに、途中で1回切れちゃったりするんだよね。きれいに追えないんだよ。そういうのを見ると、良い悪いじゃなくて、変化するなって。間違いなく。面白いよね。

自分は何に興味を持ってるのかなっていうのが、「書く」という作業を通してみると、やっぱり違う次元で見えてくるんだよね。

 

≫ 続きを読む(インタビュー後編)

 

 

著者紹介

f:id:staffroom:20220215205711j:plain

五味太郎

1945年、東京生まれ。

子どもから大人まで幅広いファン層を持つ絵本作家。著作は400冊近くあり、海外で150タイトル以上が翻訳出版されている。

 

書籍情報

f:id:staffroom:20220215205803j:plain

『6Bの鉛筆で書く』五味太郎

・発売日:2022年2月18日(金)

・定価: 1,760円(税込)

・販売:全国の書店などで販売

・頁数:160ページ

・判型:205×165mm 上製

・書籍サイト:https://www.bronze.co.jp/books/9784893097033/

 

「くまのがっこう」シリーズ刊行20周年記念🌟プレゼントキャンペーン開催中!

f:id:staffroom:20220208142452j:plain


いつも「くまのがっこう」シリーズをご愛読いただきありがとうございます。

2002年にシリーズ第1作目の『くまのがっこう』(あだちなみ 絵/あいはらひろゆき 文)を刊行して以来、たくさんの方にお楽しみいただき、おかげさまで今年2022年、刊行20周年を迎えました🎊👏👏👏

皆さまに感謝の気持ちを込めて、オリジナル図書カード(1,000円分)が抽選で200名様に当たるプレゼントキャンペーンを開催中です!

図書カードは、あだちなみさん描きおろしの20周年記念ジャッキーがデザインされた、今回限りの特別版🐻✨✨

↓↓さらに、こーんな台紙も付いています!(か、かわいい…!!)

f:id:staffroom:20220208173024j:plain

皆さまのご応募を心よりお待ちしております!

 

≫絵本「くまのがっこう」シリーズとは…

くまのこたちは、ぜんぶで12ひき。やさしいおにいちゃんたちと、いたずらできかんぼうなおんなのこジャッキーがくりひろげる、なにげないけれどあたたかい日常をえがいたお話です。

▼「くまのがっこう」スペシャルムービー公開中!ぜひご覧ください♪


www.youtube.com

 

 

f:id:staffroom:20220208143228j:plain

<キャンペーン詳細>

【応募締切】
2022年5月31日(火)消印有効

【賞品】
あだちなみさん描きおろしのジャッキーがデザインされた「くまのがっこう20周年オリジナル図書カード(1,000円分)」を抽選で200名様にプレゼント!
かわいい台紙付き♪

【対象書籍】
くまのがっこう20周年キャンペーンの帯がついた書籍が対象になります。

f:id:staffroom:20220208143446j:plain

【応募方法】
キャンペーン帯についている「応募券」を切り取って官製はがきに貼り、郵便番号・住所・氏名(フリガナ)・電話番号・性別・年齢・メールアドレスを明記の上、ご応募ください。
ご意見、ご感想などもお待ちしています!

【応募宛先】
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前6-31-15 マンション31-3B
ブロンズ新社「くまのがっこう20周年フェア」読者プレゼント係

 

※当選の発表は賞品の発送(6月下旬予定)をもってかえさせていただきます。
※お電話やFAX、メールでのご応募は受け付けておりません。
※お預かりした個人情報は賞品の発送、ブロンズ新社からの情報送付および個人を特定しない統計資料作成にのみ使用させていただきます。

 

他にも、20周年を記念したフェアやグッズが盛りだくさん♪
↓↓こちらの公式サイトよりチェックしてみてくださいね!

the-bears-school.com

 

また、全国の書店さんで「くまのがっこうフェア」も開催中!

ぜひ足をお運びください🌼

めとめがあうって、こんなにすてき、こんなにたのしい!!『いま めが あったよね?』刊行

f:id:staffroom:20220111192857j:plain

 

めとめがあうって、こんなにすてき、こんなにたのしい!!

1月7日に新刊『いま めが あったよね?』を発売しました。

この絵本の主人公は、なんにでも目が合っちゃう女の子。

f:id:staffroom:20220111193534j:plain

お出かけの先々で、いろんなものと「いま めが あったよね?」とアイコンタクトを交わし、葉っぱさん、どんぐりさん、石ころさん、次々となかまにして、ずんずん先を進みます。

いい感じの水たまりと目があったら、迷わず長靴でバッシャバッシャ! 水がかかってずぶ濡れになったコーンさんに、ごめんごめんと謝って、ふと目に飛び込んできたのは砂場で遊ぶ男の子。

「いま めが あったよね?」……この魔法のことばであっという間にふたりは友だちになっちゃいます。

f:id:staffroom:20220111192310j:plain

この主人公の女の子は、作者の太田祐美子さんの息子さんがモデル。お散歩の先々でいろんなものと目があっちゃって、大人からみたらとるに足りないもの(というか、単なるゴミ…?!)を拾っては宝もののように大事にしまって家に持ち帰る、そんな姿を日々目にするうちに、この絵本のことばが浮かんだそう。

私ごとですが担当編集の娘の目が合うNo.1は小石! 保育園から帰ってきてまず確認するのはズボンのポケットで、いくつもいくつも転がり出てくるのを見てはため息をついていたことを今でも思い出します。

大人にとってはたわいもないもの、でも子どもにとっては宝ものなのですよね…(でも親としてはフクザツ!)。

 

大人になったら忘れてしまうけれど、小さなころは命のないものと心を通わせられる、そんな超能力があったことを、太田さんのやわらかくやさしいことばたちは思い出させてくれるのでした。

 

コロナ禍の2020年春、太田さんからこのテキスト案をいただいてから、絵を担当された西川©︎友美さん、デザインを担当された柿木原政広さん、太田さん、そして担当編集の4人はオンラインで集まっては、子どものころになにと目が合っていたのか、白熱した議論を交わしたのでした(というか、ちっちゃい子のポケットの中身あるある話?)

 

西川さんのまっすぐこちらを見つめてくるつぶらな瞳のあれやこれやは、ここに行きつくまでいろいろ案があって、ペットボトルのふたや電信柱といった人工物、鳩や雲や太陽といった自然物もありました。で、結局子どもの目線に一番入りやすいものを、ということでどんぐり、葉っぱ、石ころ、水たまり、コーン、が選抜されたのでした(選外になったものたちも魅力的ですね、今見ても!)

f:id:staffroom:20220111192804j:plain

選外になった、ペットボトルとキャップ。

f:id:staffroom:20220111192815j:plain

こちらも選外になった、電信柱。

期せずしてコロナとともに企画が発進したこの本ですが、改めてこの2年を思うと、マスクが必須の今の世の中だからこそ「目が合う」ことの重要性が増してきているようにも感じます。

口元が隠れていたって、目はいろんなことを物語ってくれます。コミュニケーションの第一歩は、まなざしとまなざしを交わすことなんでしょうね、きっと(生後数ヶ月の赤ちゃんだって、マスク越しで微笑みかけたら、やっぱりニコニコ笑顔で返してくれるのです!)。

 

入園入学を控えたこれからの季節、未知の世界に飛び込む小さな子の小さな背中に、「目と目があっちゃえば大丈夫! 安心して踏み出してみて!」というエールを、この絵本とともに送りたいな、と思っています。

みなさんもぜひ、書店店頭で、この絵本と目と目を合わせてみてくださいね。きっとたのしい出会いが待っているはず!

(担当編集:佐々木 紅)

 

こんな遊びも!

じゃじゃーん!

f:id:staffroom:20220111200017j:plain

スマートフォンで『いま めが あったよね?』の世界を楽しめるアプリ&フォトサービスをご用意しました!

カメラを向けると、お顔が! あれあれ?いま目が合ったよね?!

 

★遊び方はこちら★

------

【アプリの場合】

①お使いのスマートフォンから対応するアプリをダウンロード。

Android

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.slab.sktar&hl=ja&gl=US

iPhone

https://apps.apple.com/jp/app/id867328953

②アプリを起動し、絵本『いま めが あったよね?』の表紙をカメラで読み取る。

③画面に『いま めが あったよね?』のアイコンが表示される。

④いろんな場所にかざして、カメラで撮影!お顔を付けて遊ぼう♪

 

【フォトサービスの場合(ダウンロード不要)】

①以下のリンクをクリック!(スマートフォンで)

https://www.less-ar.com/0c69f2e6-b77e-410f-93b4-2a00428fc88d

②画面に『いま めが あったよね?』のアイコンが表示される。

③いろんな場所にかざして、カメラでパシャ!お顔を付けて遊ぼう!

※フォトサービス「LESSAR」のロゴが写真に入ります。

------

 

家の中で、お外で、カメラを向けて遊んでみてくださいね♪

撮った写真はTwitterInstagramにぜひアップしてください(^^)

ハッシュタグは、「#いまめがあったよね 」でお願いします!

皆さんの投稿を楽しみにしています~!!